トップページ > 共同試験場

共同試験場

認定共同試験場とは

 中小企業近代化促進法の特定業種となっている生コンクリート産業は、近代化計画を達成するために構造改善事業を推し進めてきました。その主要事業の一つとして、島根県生コンクリート工業組合は共同試験場を昭和58年に設置し、昭和59年から運営しております。

 共同試験場は、生コンクリート工場において、その製品の信頼性・安全性を確実なものとする品質試験の合理化・確実化を実現させることを目的としています。

 充実した設備のもとで習熟した技術者が、コンクリート・骨材・水質などの諸試験を行なっています。

 島根県生コンクリート工業組合共同試験場は、全国生コンクリート工業組合連合会から9項目の試験について認定を受けています。また平成21年3月、JNLAから登録試験事業者として登録されました。

島根県生コンクリート工業組合共同試験場
共同試験場
 

JIS Q 1011の規定

 レディーミクストコンクリート分野の日本産業規格への適合性認証指針JIS Q 1011附属書Aには、
“公平であり、妥当な試験のデータ及び結果を出す十分な能力をもつ第三者試験機関”は、次をいう。
a)
JIS Q 17025に適合することを、認定機関によって、認定された試験機関
b)
JIS Q 17025のうち、該当する部分に適合していることを自らが証明している試験機関であり、かつ、中小企業近代化促進法に基づく構造改善計画等によって設立された共同試験場(抜粋)
と規定されています。

 

ISO/IEC17025(JIS Q 17025)のJNLA登録

登録年月日 平成21年3月18日
登録番号 090270JP
試験方法 JIS A 1106 コンクリートの曲げ強度試験方法
JIS A 1108 コンクリートの圧縮強度試験方法

 

試験項目

試験項目
試験内容
コンクリートの強度試験 圧縮、曲げ、曲げ靭性
骨材試験 すりへり減量、安定性、有機不純物、塩化物量、ふるい分け、微粒分量
水質試験 セメントの凝結時間の差、モルタルの圧縮強さの比、塩化物イオン量、懸濁物質の量、溶解性蒸発残留物の量
その他 塩化物含有量測定器の検定、研磨
*各種試験に立会することができます。
  立会を希望される方は「立会申込書」に必要事項をご記入のうえ、試験場職員までお申し出下さい。

 

組織図

組織図

 

試験・検査業務約款

 

試験依頼書(様式集)

令和元年5月1日からの試験依頼は、こちらの依頼書を使用してください。
  (元号を平成→令和に変更)
試 験 名
PDF
Excel
圧縮強度試験
(130KB)
(45KB)
曲げ強度試験
(129KB)
(44KB)
水質試験
(98KB)
(42KB)
骨材試験
(103KB)
(43KB)
曲げ靭性試験
(130KB)
(41KB)
塩分含有量測定器の検査
(93KB)
(40KB)
研 磨
(113KB)
(33KB)
コンクリートコアの圧縮強度試験
(98KB)
(44KB)
※各試験のお申し込みはこちらまでお願いいたします。  各試験のお申し込みはこちら

 

試験料金表

試験料金表 (平成30年4月1日改定)  平成30年4月1日受付分〜

 

立会申込書

平成30年12月20日より、様式変更いたしました。
書 類 名
PDF
Word
立会申込書
(55KB)
(74KB)

 

苦情処理プロセス

苦情処理プロセス

 

案内図

島根県生コンクリート工業組合
〒693-0026 島根県出雲市塩冶原町1丁目2-6
TEL: 0853-24-2200 FAX: 0853-24-2202
島根県生コンクリート工業組合

 

会議の報告

令和元年度 第1回共同試験場運営委員会を開催

令和元年度 第1回共同試験場運営委員会を開催 と  き: 令和元年10月4日 10:30〜11:30
ところ:  島根県生コンクリート工業組合 会議室
出席者:
加藤隆志、岩ア哲也、湯立公司、肥後廣志、岡秀俊、井上夏希、漆谷加奈
《報告事項》
 1.認定機関への平成30年度試験業務報告について
 2.令和元年度 上半期の運営状況について
 3.令和元年度 上半期の教育・訓練状況について
 4.平成30年度マネジメントレビューに対するフォロー
 5.令和元年度マニュアル等の改定について
 6.試験設備の購入について
 7.JIS Q 17025改正に伴うNITE立入検査について
 8.消費税増税に伴う試験料金について
 9.職員の異動
《審議事項》
 1.化学物質等のリスクアセスメントについて
 2.職員提案について
《その他》
 1.令和元年度 中国地区認定共同試験場連絡会議
 2.その他
について報告、審議を行った。

平成30年度 第3回共同試験場運営委員会を開催

平成30年度 第3回共同試験場運営委員会を開催 と  き: 平成31年3月27日 10:00〜11:30
ところ:  島根県生コンクリート工業組合 会議室
出席者:
中島新吾、倉本給都、柳田晃弘、肥後廣志、岡秀俊、井上夏希、漆谷加奈
《報告事項》
 1.平成30年度 マニュアル等の改定について
 2.平成30年度 年間行動計画の報告
 3.平成30年度 教育・訓練の報告
 4.NITE立入検査の報告
 5.平成30年度 中国地区認定試験場連絡会議の報告
 6.平成30年度 圧縮強度共通試験の報告
《審議事項》
 1.平成30年度 マネジメントレビューについて
 2.2019年度 品質方針について
 3.2019年度 品質目標について
 4.2019年度 年間行動計画について
 5.2019年度 教育・訓練計画について
《その他》
 1.共同試験場の約款について
 2.工組貸出物品及び料金について
について報告、審議を行った。

平成30年度 第2回共同試験場運営委員会を開催

平成30年度 第2回共同試験場運営委員会を開催 と  き: 平成31年1月18日 10:30〜12:00
ところ:  島根県生コンクリート工業組合 会議室
出席者:
中島新吾、倉本給都、柳田晃弘、肥後廣志、岡秀俊、井上夏希、漆谷加奈
《報告事項》
 1.JIS Q 17025改正に伴う品質マニュアル等の改正について
 2.NITE立入検査について
《審議事項》
 1.JIS Q 17025改正に伴うマネジメントレビューについて
 2.平成30年度 12月20日からの品質方針について
 3.平成30年度 12月20日からの品質目標について
《その他》
 1.試験機器の貸出料金について
について報告、審議を行った。

平成30年度 中国地区認定共同試験場連絡会議の開催

  • と き:
    平成30年11月16日 10:30〜

  • ところ:
    庄原市(かんぽの郷 庄原)

  • 出席者:
    新見生コン協同組合技術センター、(一社)岡山県コンクリート技術センター、島根県生コンクリート工業組合共同試験場、山口県生コンクリート工業組合技術センター、広島地区生コンクリート協同組合共同試験場

《議 題》
 1.各試験場現況報告
 2.平成30年度年曲げ強度・圧縮強度共通試験結果について
 3.第153回全生工組連認定共同試験場委員会報告
 4.特定テーマ ディスカッション
  a.試験手順
   @粗骨材の密度及び吸水率試験
   A2018改正に伴うコンクリートの圧縮・曲げ強度試験
   B各試験方法における平均値からの差が不適合の処理
   C各試験方法における測定けた数の取り扱い
  b.検査・管理
   @試験用ふるいの検査方法
   Aセメント強さ・凝結試験 湿気箱の温湿度管理
  c.JIS Q 17025:2018
   @移行審査に関して予定時期、改定作業の問題点
   A8.5 リスク及び機会への取組み
 5.平成31年度連絡会議について
について、報告、討議した。

平成30年度 第1回共同試験場運営委員会を開催

と  き: 平成30年10月3日 10:30〜12:00
ところ:  島根県生コンクリート工業組合 会議室
出席者: 中島新吾、倉本給都、柳田晃弘、肥後廣志、岡秀俊、井上夏希、漆谷加奈
《報告事項》
 1.認定機関への平成29年度試験業務報告について
 2.平成30年度 上半期の運営状況について
 3.平成30年度 上半期の教育・訓練状況について
 4.平成29年度マネジメントレビューのフォロー
 5.平成30年度マニュアル等の改定について
 6.試験設備の購入について
 7.JIS Q 17025改正に伴うNITE立入検査について
 8.職員の異動
《審議事項》
 1.化学物質等のリスクアセスメントについて
 2.平成30年度 中国地区認定共同試験場連絡会議
 3.資格取得研修会への参加
について報告、審議した。
 

 

 

 

 

 

Copyright © Shimane Ready-Mixed Concrete Industrial Association. All Rights Reserved.